ご挨拶

株式会社ITガード 前田 悟「AppGuard」は、株式会社Blue Planet-worksによる革新的なエンドポイントプロテクション製品であり、当社はAppGuardの我が国での販売開始にあわせて、2017年に事業を開始した新しい企業です。

AppGuardの導入と運用のノウハウ・経験を豊富に有する人財を多数抱え、幅広いネットワークを武器に、パートナー企業の皆様と密接な関係を構築しながら、企業の情報セキュリティ対策の高度化とそのコストの最適化を行うことに取り組んでおります。

サイバー攻撃の手口が、日々高度化かつ巧妙化していく中で、「検知型」といわれる従来のエンドポイントプロテクション製品も、これに対応するために、技術を進化させてきました。

しかしながら、一日に約31万個の新種のマルウェアが生成される中で、検知型のエンドポイントプロテクション製品では、対応しきることができず、侵入を許す場合も多々あるのが現状です。そして、さらに対策を進化させるべく、多額の投資やコスト、そして監視のための人員が必要になる、といった「いたちごっこ」が続いております。

「AppGuard」は、「検知型」とは全く異なり、「システムの正しい動作と機能を守る」機能安全を保証する概念に基づいて開発された製品です。情報セキュリティ技術の世界では、「検知型」よりも、こうした機能安全を確保することがより優れた防御方法として考えられてまいりましたが、複雑かつ負荷が大きく実運用に耐えられないといわれておりました。

しかし、「AppGuard」は、世界でもトップクラスの技術陣が開発した特許技術により、非常にシンプルな運用ができる製品を、わずか1MBにも満たないファイルサイズでこれを実現いたしました。これにより、例えマルウェアの侵入を許したとしても、システム内において不正な動作をさせないことが可能となり、システムの機能安全を担保し、これまでのような追加的な投資も、負荷もかける必要がなくなること、すなわち「いたちごっこ」の解消が最大のメリットであると考えております。

パソコンや電話のみならず、あらゆるものがインターネットに接続される世界(Connected World)が足音を立てて近づいてきておりますが、一方で企業情報や技術情報、個人情報の保護の重要性はますます大きくなってきております。

私どもITガードは、来るべきConnected Worldにおいて、安心、安全な情報保護を実現するべく、あらゆる企業や団体・組織に対して、AppGuardをコア技術とする情報セキュリティ対策を経営課題として改めて提起し、豊富なノウハウにより最適なソリューションを提案してまいります。

 

 

株式会社ITガード
代表取締役 前田 悟