AppGuard販売の本格展開を開始いたします

世界屈指の革新的エンドポイントプロテクション製品
AppGuard

その販売代理店である株式会社ITガードは、
「AppGuard」販売の本格展開を開始いたします。
 

本格展開開始に伴い、 昨日、各メディア向けのプレスリリースを行いました。
以下の通り、改めて「AppGuard」という製品につきましてご説明させて頂きます。

=========================================================================================
企業や団体を狙った標的型攻撃メールは、2015年は3,828件(※1)で過去最多、2013年の発生件数の7.7倍となりました。
今や標的型攻撃対策は、どの企業においても必須の課題となってはいますが、巧妙化・多様化する攻撃に対し、
既存のサイバーセキュリティソフトの対応力が危惧されております。
※1:警察庁 平成28年3月17日付広報資料「平成27年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢について」
   
リンク元:警察庁 サイバー犯罪対策プロジェクトHP


このような背景から、様々なウィルスに対応できるサイバーセキュリティソフトが求められている昨今、
「AppGuard」は攻撃の段階で脅威を遮断する、革新的な特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品です。
多くの大手企業様からのご出資も頂き、110億円の資金調達を実現するほどに注目度が高まっております。
製品の詳細につきましては、下記リンク先をご確認ください。

  AppGuardのご案内

ITガードは、このAppGuardを提供するため、クラウド型の統合管理サービスの運用を日本で最初に開始いたしました。
当社は、大企業の経営層やCxOクラスとの豊富なソーシングネットワークを有し、本年7月にプレセールスを開始。
わずか2カ月で約350,000ライセンスのパイプラインと、5,100ライセンスの導入決定にまでこぎつけました。
その内訳としては、金融・物流・小売・ITサービスが8割という構成になっています。
2018年3月末までに、100,000ライセンスの販売を目標としております。
2018年秋以降には、スマートフォンやIOT分野での展開も強化してまいります。 ===============================================================================

どうぞ宜しくお願い致します。


                                      2017年10月6日 株式会社ITガード

Next Post Previous Post

Comments are closed.